fc2ブログ

Butterflies Are Free

舞台鑑賞好きの私の日常。

Latest Entries

水曜の朝、午前3時

2022年04月27日(水) カテゴリ:未分類

真夜中にふと目覚め、枕元のラジオから横山マコトさんの訃報を聞く。

漫才トリオ「横山ホットブラザーズ」次男 マコトさん死去 87歳

NHK調を一切崩さず渋い低音で
「お~ま~え~は~あ~ほ~か~」
と読み上げる二宮正博アナウンサー。

破壊力抜群。
深夜に大爆笑。

さすがラジオ深夜便だ。
二宮アナ、横山ホットブラザーズお好きだったのだろうなあ。

お若いみなさんのためにおせっかい。

比較的最近の映像 

横山ホットブラザーズ 横山アキラさん

お父さん+三兄弟バージョン

横山ホットブラザーズ(父・横山東六参加)

※余談
拙記事のタイトルについて。
私が思い出したのはコチラです。(THE ALFEEに非ず。)

Wednesday Morning 3 A.M.


スポンサーサイト



#520
コメント:0
トラックバック:0

替え歌(by友人)(7)

2022年04月18日(月) カテゴリ:未分類

友人作の替え歌第七弾。

『あの娘とDOKU CHIN』

(CHECKERS 「あの娘とスキャンダル」のメロディーでどうぞ。

↓参考資料

あの娘とスキャンダル


【歌詞背景】
厳しいマンボウ政策でゼロコーロナを目指す某国。
枠陳を接種しないと学生は登校も許されない。
そんな状況の中、学校に通い続けたいために枠陳を打とうとする彼女と、
それを必死で止める彼氏の切ない思いを描いたものである。
日本とはまた違った政策かもしれませんので、その辺の諸事情はご了承くださいませ。



【あの娘とDOKU CHIN】



あの娘とDOKU CHIN
危険な針を ウォウ ウォウ ウォ
さしちゃいけないぜ  デンジャラス
いくら嫌でも お前はあいつの

じっけん アニマール



体育館で(注:某国では体育館が接種会場になっている)
ウォウ ウォウ ウォ
登録のあと泣いてたね
背中抱きしめ 涙でにじんだ
スチールライト


止めずには いられない
たとえ禁じられても
DOKU CHINさえ なければ
お前苦しまないね
悪いのは禿鷹どもさ
この愛‥切ないレジスタンス


大事な胸の ウォウ ウォウ ウォ
想い出壊す 下種規則
俺たちそっとして
おいてくれよ Cry cry cry


あの娘とDOKU CHIN
パーテーションに ウォウ ウォウ ウォ
指で書いたね NO SHESSHU!
できることなら このまま
ランナウェイ

悪魔の針を
ウォウ ウォウ ウォ
打つわとお前 泣きながら
手遅れなのと 淋しく言ったね
Vaccination venue


パーテーション 叩いて やめろ! 叫んでいたよ
悲しいね 俺たち DOKU CHINが最後の
すれ違いになるなんて この愛‥
切ないレジスタンス


止めずには いられない
たとえ禁じられても
DOKU CHINさえ なければ
お前苦しまないね
憎いのはあいつらさ
この愛‥切ないレジスタンス


危険な針を ウォウ ウォウ ウォ
うっちゃいけないぜ おじょうさん
傷だらけだよ 大事な体は
試供品


大事な胸の ウォウ ウォウ ウォ
想い出壊す 下種規則
俺たちそっと
しておいてくれよ Cry cry cry
切ない願いに賭けたよ
あの娘とDO・KU・CHIN




#519
コメント:0
トラックバック:0

傑作動画紹介

2022年03月22日(火) カテゴリ:未分類

HEAVENESEさんの傑作動画、多くの方に見ていただきたくリンクします。

SAY ゲス / ウテ なんて マジカ (HEAVENESE ヘヴニーズ)

(本家のMV

[MV] SAY YES / CHAGE and ASKA


無法の蔓防 / HEAVENESE ヘヴニーズ

(本家の動画。↓オープニングテーマもあり。なつかしい!
魔法使いサリー[OP-1/ED-1]


荒らし(A.RA.SHI) / 荒らし (HEAVENESE ヘヴニーズ)

(本家のMV↓
嵐 - A・RA・SHI [Official Music Video]

#518
コメント:2
トラックバック:0

最近観た映画 ゆるい感想(3)

2022年03月17日(木) カテゴリ:未分類

・テレビで会えない芸人

映画『テレビで会えない芸人』

松元ヒロ メッセージ

テレビではほとんど見る機会のない芸人、松元ヒロさんを追ったドキュメンタリー。
関東で放送されたのは、2年くらい前だっただろうか?
テレビで会えない芸人を、テレビ番組にしてしまうという発想がすばらしい。
ヒロさん好きの私は、しっかり録画保存した。
(放送時間が明け方だったので、早起きする自信がなかったのだ。)
そして、今年、同じタイトルの映画がかかるというので、出かけてみることにした。
テレビ番組とはまた別の作品なのかと思いきや、新たな映像を30分ほど足したものであった。
(事前に下調べしない迂闊者。)
それでも、映画館の大きなスクリーンで観る価値は十分あるので、行って損はなかったけど。

ヒロさんのお人柄がそのまま表れた映画だ。
もう、冒頭からいい人全開。
これはカメラが回っているからといってできることではない。
ヒロさんの普段の行いが自然に出た結果だろう。
演出だったらこうはいくまい。
仕事現場に向かうヒロさんを撮影中に、偶然の出会いがあり撮れた映像。
チャンスの神様は粋なことをなさるものだ。
ハプニングが配した絶妙のキャスティングと言うべきか。
観客はきっと映画開始間もないこの段階から、飾らないヒロさんの素顔の魅力に
すっかり引き込まれてしまうことだろう。

もちろん、カメラは素顔のヒロさんだけでなく、芸人さんとしてのヒロさんの顔も捉えている。
特に印象的だったのは、ソロライブに備えてリハーサルを重ねるシーン。
あるネタの台詞がなかなかスムーズに出てこなくて苦悶するところ。
本番を迎えられるまでには、こんなご苦労があったのか。
お昼の休憩時間もよい。
おかみさんが作られたお弁当を、おいしそうに召し上がるヒロさん。
なんとも幸せそうな表情で、見ているこちらも顔がほころぶ。
あの場面では、きっと誰もがおにぎりを食べたくなるだろう。

ヒロさんがライブやラジオで度々話題にされるおかみさん、どんな方かと興味があったのだが、
この作品で初めてお姿を拝見することができてありがたかった。
このおかみさんあってのヒロさんなんだなと。
尽くすとか、陰で支えるとか、そんなタイプではない。
堂々として、存在感ありありの、かっこいいおかみさんだ。
これでおかみさんのファンが一気に増えたのではなかろうか。

他にも、ライブシーンを始めとして、高校時代の恩師訪問、高校時代からの親友?すわ親治さんとの家飲みトーク、
立川談志師匠、永六輔さんのエピソード、二枚目の息子さんのコメント等々、見どころはいっぱい。
この映画をきっかけに、ヒロさんファンがさらに増えたらいいなと思っている。

参考資料

1/14公開 映画『テレビで会えない芸人』作品の魅力とは!?

【ゲスト:松元ヒロ】2022年2月17日(木)大竹まこと 小島慶子 松元ヒロ【大竹メインディッシュ】【大竹まことゴールデンラジオ】

※映画でも話されていた談志師匠がご覧になったヒロさんのライブ、
私も同じ回に居合わせておりました。
(↑の大竹さんの番組のYou Tubeでは15:00頃から話されているエピソード。)
偶然にも師匠の近くの席に座っていたので、あの一部始終を拝見することができました。
貴重な体験です。
白のポロシャツにジーンズをお召しの師匠は、(私の記憶では)両手を上げ、ゆっくりとステージに近づいてき、
話をされました。
師匠は感動のあまり、どうしてもあの場で直にヒロさんとお客さんに思いを伝えたくなったのでしょう。

オマケもしくは蛇足(過去の拙文)

2004/9/9 R's ART COURT 「松元ヒロソロライブ」 shou_chong


07/3/15 アールズアートコート 「松元ヒロソロライブ」 shou_chong

#517
コメント:0
トラックバック:0

最近観た映画 ゆるい感想(2)

2022年03月09日(水) カテゴリ:未分類

・香川1区

「香川1区」公式サイト

「なぜ君は総理大臣になれないのか」は、うっかり見逃していた。
こちらも見過ごすところだったが、ネットで予告編を見て、あわてて観に行くことに。
(上映期間短すぎるよ!)

面白い!
一つの選挙区の選挙戦を、これだけ丁寧に追ってくれるドキュメンタリーはなかなかないと思う。
対照的な二人の候補(選挙期間の途中から候補者は三人となるが)の人柄、
香川一区の土地柄が、画面から伝わってくる。
制作陣は、おそらく中立な立場で撮影するように心がけておられたのだろう。
しかし、両候補や両陣営を見ていると、それぞれの言動だけでなく
内側からにじみ出てくるものまで感じられるので、どうしても片方の候補を応援したい気持ちになってしまう。

高松三越前での街頭演説風景もまた対照的だ。
一方の聴衆は、老若男女幅広い層で、服装もさまざまでカラフル。
もう一方は、主に中年以降の男性集団で、服装はスーツが多く、全体的に見ると黒っぽくて暑苦しい。
(きっと、動員かけられたんだろうな。)

私はまだ昭和の時代に、この高松三越に立ち寄ったことがあるのだが、
その頃から、いやそれよりずっと以前から、この土地は一強独裁(そんな言葉はないけれど)で
治められてきたのだろう。
そう思うと、ため息が出てしまう。
一強の側からすれば、最初は負けるわけないと余裕の構えだったに相違ない。
それが、予想外に相手候補が強くて、さぞかし焦ったことだろう。

結果はご存知の通り。
単純に、よかったなあと思う。
色々、課題は山積なのだろうが。

それにしても、こういう作品はもっと多くの人に見ていただきたい。
もう少し上映館増えて欲しいですねえ。

緊急告知

【動画配信】ドキュメンタリー映画「香川1区」特別上映(バリアフリー字幕付き)&スペシャルトーク

3/13まで、ネット配信でご覧になれます。

参考資料

【特集】映画『香川1区』公開 大島新監督が見た選挙戦 「人間をむき出しに…」

選挙活動、ビラ配りからやってみた。「香川1区」密着日記

和田静香<著>、小川淳也<取材協力>

#516
コメント:0
トラックバック:0

Utilities

プロフィール

しょうちょん

Author:しょうちょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (472)